ゴムの歴史
ゴムの発見
 ゴムをはじめて紹介したのはあの有名なコロンブスと言われています。
1493年の第二回目の航海でプエルトリコとジャマイカに上陸し、
そこで原住民が大きく跳ねるボールで遊んでいるのを見てとても驚いたといわれています。
その後スペインに持ち帰られましたが文字消しやおもちゃ程度にしか価値はなく、
この後200年あまりは科学的研究はされませんでした。
 ちなみにゴムを意味するラバー(Rubber)は英語でこすって消す(rub out)文字消しに
由来しています。
 
ゴム加硫法の発見
 1839年、アメリカ人のチャールズ・グッドイヤーが加硫法を発見。
研究室で寝てしまった彼のゴム靴に実験中薬品がこぼれ、ストーブで加熱されました。
翌朝目を覚ますとゴム靴の弾性が増大していることに気が付きました。
こうして、硫黄によりゴムが硬くなり弾性を有する加硫ゴムが発見されたのです。
この大きな功績は今日でもアメリカにある世界最大のタイヤメーカー”グッドイヤー社”の
社名として残されています。
 さらに1843年、イギリス人のハンコックはゴム加硫とは
ゴムと硫黄の化学結合からきていることを発見し、ゴムの加工と機械を開拓し
種々の加硫方法を開発しました。
そして後に古代ローマの火の神VULCAN(ヴァルカン)にちなんで加硫を
「Vulcanisation」と名付けました。
 
ゴム工業の発展
 グッドイヤーとハンコックによる加硫の発明後、
ゴム靴・防水衣料・緩衝材・防振吸収剤など需要が徐々に増えていきました。
1887年アイルランド獣医ジョン・ボイド・ダンロップが空気入りタイヤを考案し
三輪車に使用したのが始めで、それ以降工業用材料としてゴムの需要が拡大しました。
これにより天然ゴムのプランテーション化が進みました。
 
合成ゴム
長い歴史をもつ天然ゴムに比べて合成ゴムが開発されたのは比較的新しく
20世紀になってからです。東南アジアに天然ゴム生産の拠点を持たず、
生ゴムの入手に苦労したアメリカやドイツが中心になりました。

 1860年、天然ゴムの構造単位であるイソプレンを単離。
 1910年、マテウスがナトリウムでのイソプレンの重合方法の確立。
 1931年、DuPon社がクロロプレンゴムを開発。
 1934年、ドイツがSBR、NBRを製造開始。
 1940年、アメリカでブチルゴムを開発。
 1945年、ゼネラルエレクトリック社がシリコーンゴムの開発。
 1944年、ドイツのバイエルによってウレタンゴムが開発。
 1954年、DuPon社と3M社によりフッ素ゴムの製造開始。
ゴムの話TOPへ

since 2003. All Rights Reserved, Copyright: TOPへ